張り 風水

張り 風水

張り の 風水について 説明しましょう。

 

土地の 張り を 気にされる人も多いと思いますので
わかりやすく お伝えしますね。

 

まず、土地の張り というのは、
土地の形の 1辺 の 長さ の 3分の1 に収まる長さの
でっぱり を 張り と定義するのです。

 

なお、3分の2 以上の大きさになると、
逆に、引っ込んでいる とみて 欠け になります。

 

ちょっとややこしい ですが・・・。

 

ようするに、理想的な、東西に長い長方形の形
から、でっぱたり、ひっこんだり している よ
という意味ですね。 

 

 

土地の形の 1辺 の 長さ の 3分の1 に収まる長さの
でっぱり である 張り は、

 

欠け に 比較して 凶意 は少ない とみてよいです。
しかし、無い方が  理想 ではあります。

 

 

 

”鬼門と裏鬼門に張りが無い方がよい”

 

鬼門とは 北東方位
裏鬼門とは 南西方位
のことです。

 

張りは、凶意が少ない 土地の要素 ですが、
鬼門や裏鬼門には、張りをつくらない 方が無難です。

 

もしつくってしまったり、、購入した土地に 張りがある場合は、
植樹をして、凶意をカバーすることが重要です。
梅の木 か 松 が妥当です。

 

植樹 は、張り や 欠け を、無かった ことに
できるだけの 吉効果が ありますから、
もし、張り で悩んでいる場合は、植樹を検討してください。

 

植樹に関しては、 別のページで解説しましょう。

 

 

”南東に張りがあると 吉 ?!”

 

大量のエネルギーがもっとも 享受できる
南東方位に 張り があるのは
風水上 吉 とされているのが 定番の理論です。

 

しかし、私は、やはり、  張り や 欠け
は、 土地形 に無い 方が 良いと 結論づけております。

 

理想系は 東西に長い 長方形 です。

 

 

 

 

”張り 欠け の無い 土地を探すのは 予算との戦い”

 

けっきょく 東西に長い 長方形 で 張り 欠け の無い
土地を探すのは、 予算との戦い になってしまいます。

 

都会で、土地の販売チラシ を 拝見しても
理想的な 土地は なかなか でてこない ですからね・・・。

 

限られた 予算の中で、 土地を求めて、
植樹などで、カバーするのが 妥当な案でしょうね。