風水 凶相の家とは

凶相の家とは・・・

凶相の家 について 説明します。

 

 

努力して、ガマンして、一生懸命やってるのに・・・
幸運から見放され、裏目、裏目の人生・・・。

 

  • 家族の不仲
  • 夫婦仲が悪い
  • いつも ケンカ・・・
  • トラブルが多い
  • 病気が治らない
  • 毎日 ウツっぽい
  • 職場で孤立
  • 職場でミスばかり
  • 交通事故・・・
  • お金が貯まらない!!
  • お金がドンドン出て行くばかり
  • 友達も、彼氏(彼女)もいない・・・

 

こんな 裏目 裏目 の不幸な人生を歩んでいるなら・・・。

 

私は、運命学研究家 (四柱推命・奇門遁甲)としてハッキリ断言できます。
それは、生まれつき 運の悪い人 は 凶の日に引越しをして、 凶相の家に住む!
ということなのです。

 

運の悪い人は、だいたい そのパターンです。

 

 

 

”ある貧乏で病気な 独身女性の 家 の話・・・ ”

 

 

以前、テレビの特集で、「貧乏で病気がち」 という 独身女性 が 
ドキュメントの ノンフィクションもので
放送されていて、その 女性の家 もバッチリ映っていました。

 

それは、もう 最悪な家相・・風水・・・。 凶相中の凶相の家でした。
いくら、貧乏だからといっても 最悪すぎる家でした。

 

家の間取りの向きこそ 不明でしたが、午前中にしては
やけに 暗い部屋で 北向き? か 北東向き?

 

向き とはいっても、窓から見える景色は、隣家の壁・・・。
日光は入らず、部屋の形が 台形なのか三角形なのか
妙な いびつな 景色でした。

 

さらに 最悪なことに、キャンティーレバー建築 (片持ち梁) といって
2階の部屋が、表側へ 1階よりも突き出している
建築物でした。 (家の外観が、放送中にチラっと見えました)

 

狭い土地に、ムリヤリ建てたような 異様な家でしたが、
このような 最悪の凶相の家を 選んで 住んでしまうのも
運が悪いが ゆえ です。

 

自分が 運の悪さ を自覚しているのであれば、
引越しをする前に、方位と家の風水 の鑑定は必須だと
理解してください。

 

 

 

”典型的 凶相の家 の例”

 

風水で、凶相になる家 というのは、吉相の家の反対である。
と理解して頂ければ、簡単です。

 

あなたが、選ぼうとしている 家 が以下のような条件なら、いますぐ 除外 してください。
例えば・・・。

 

 

  • 北向き、北東向き、西向き、北西向き などの 日当たりの悪い向き。
  • 物件のすぐ隣が 河川がある。
  • 物件のすぐ近くに、高速道路がある。
  • 埋立地に建つ物件。
  • トイレが、部屋の真ん中にある。
  • 南、東、南東側に、大きなビル、木、壁、崖 などがある。
  • 1階が駐車場の建物の2階の部屋。
  • マンションの5階以上(特に高層階)
  • 隣家との距離が密接すぎて、風通しが悪すぎる家
  • 土地の形が、三角形・L字状。
  • 袋小路の行き止まりに建つ家

 

例をあげれば、キリがないのですが、風水でみる凶になる家は、
凶になる 理由があるということです。

 

凶相の家に、住んでしまったら、あなたの運勢はガタ落ち。
家族を巻き込んで、不幸を背負うことになります。

 

賃貸物件なら、救いがありますが、
購入した物件なら、簡単に引っ越せません。

 

物件選びは、慎重に慎重に お願いします。

 

 

 

”運の悪い人は、凶相の家を選んで住む・・・”

 

私、鈴木栄就は、長年、多くのお客様を鑑定させていただいて、
わかったことですが、

 

運の悪い人ほど、凶相の家に、自ら 選んで住んでいるのです。
しかも・・・、その凶相の家に、凶方位で引越ししているのです。

 

これでは、運勢が壊滅的に悪化するのは、
あたりまえ なのです。

 

ご自分が、「運が悪い」 と 少しでも 感じるなら、
必ず、家の風水鑑定、引越し方位鑑定をするようにしてください。