間取りの風水 【基本】

間取りの風水 【基本】

間取りの風水 【基本】 について 説明します。

 

 

 

家は、一戸建て と マンション がありますが、
だいたい共通しますので、ここでは
簡単に、重要なことだけ、ご説明します。

 

【風水でみる 吉相になる 家の間取りの 重要な4条件】

  1. 南向き
  2. 風通しが良い
  3. 家族の人数に対する適度な広さ
  4. 家の中央部に「トイレ・お風呂」が 無いこと

 

 

 

物件を選ぶ際には、この3つに該当するものを
選ぶように してください。

 

間取りの詳しい説明は、このホームページの
詳細ページをご参照ください。

 

 

 

1:南向き

 

良い気が集まる家、悪い気がすぐに除去される家
というのは、午前中から夕方前 までの 太陽の光が
ふんだんに 入り込む 家の間取りをしています。

 

日本では、南向き の間取りが、その条件に
該当する家ということになります。

 

良い風水の家を選びたかったら 南向き の家だけを
選ぶようにしてください。

 

西向き、北向き、北東向きなどは 凶相中の凶相となりますので
ご注意ください。

 

向きは、方位が記載してある間取り図面をみれば
すぐに、わかりますし、「南向き」と記載がありますから
ぜひ、確認してみてください。

 

 

2:風通しが良い

 

気の流れは、空気の流れによって、左右されます。
風通しが悪く、空気がたまって淀むような家は
吉相の家には、なれません。

 

 

 

3:家族の人数に対する適度な広さ

 

家族の人数に対して、適度な広さがあれば、それは吉相の要素になります。
室内の家のクオリティも大切ですが、それよりも、広さを重視 してください。

 

現代の日本は少子化していますから、2人家族、3人家族が、コアとなると思われますが

 

2人家族 なら 50平米〜70平米
3人家族 なら 60平米〜80平米
4人家族 なら 70平米〜90平米

 

程度は、ほしいところです。

 

しかし、逆に広すぎますと、吉相とは言いにくく
なりますので、注意してください。

 

広すぎる家は、家族が不仲になりやすい
という 凶相になってしまう恐れがあります。

 

 

4:家の中央部に「トイレ・お風呂」が無いこと

 

家の中央部に、トイレがあったり、お風呂があるのは
凶相中の凶相なので、ご注意ください。
絶対に選んではいけない家です。

 

家の中心を 太極 といったりしますが、
複雑な家の間取りをしている場合は、

 

素人さんが正確な 太極 を求めるのは難しいですから
だいたい、家の中央 と考えてください。

 

家の中央部にトイレやお風呂がある場合、
汚水管 が 家の いずれかの部屋を通って

 

外へ流れていく構造になりますから、
部屋に悪い気を撒き散らすことになります。

 

キッチンはギリギリセーフですが、
可能であれば、キッチンも中央に無い
家を求めてください。

 

なお、
家族が集まり、食事をして団欒をするリビングダイニングは、
家の中央部分にある家は、吉相に該当します。

 

とにかく、家の中央部にトイレ・お風呂が無い家を
選んでください。

 

 

 

以上が、風水でみる 吉相の家の重要な4条件です。
理想を言えば、もっともっと 条件はあるのですが、

 

現代版、日本の風水 栄就式 では、
現実的に住むことができる というのが コンセプトですので
まず、この4条件をクリアできるように物件を探してみてください。

 

 

 

 

完璧にしようと 思わない でください。

 

以上の 4条件 を まず クリアする物件を探してください。

 

ここで、アドバイスですが、間取りの風水は、完璧にしようと思うと、
なかなか 選ぶことが できません。

 

細かい 風水の知識 は、膨大 ですので、
あまり重要じゃない要素を、気にしすぎると、ノイローゼになってしまいます。

 

この4条件をクリアできれば、それほど、
悪い風水の間取りには、なりませんから、
完璧にしようと思わないように、物件選びをがんばってください。