凶方位 引越し

凶方位とは

 

 

凶方位とは、
だれが 引越しても 凶作用が発生する方位のこと

 

どの方が、凶方位で引越しても、凶作用が発生します。

 

通常は絶対に使いません。

 

気学などで、吉方位だと思って引越しをすると、実は・・・凶方位だった!
という事例もたくさん出ておりますので、注意が必要です。
引越しの方位鑑定は、奇門遁甲で行うようにしてください。

 

凶方位で、引越しをしてしまうと、精神面、健康面、人間関係面、悪い作用がでますので
注意してください。

 

 

 

凶方位へ引っ越してしまった人」 から聞いた、事象の実例です。

 

  • 凶方位に引越して、妻の持病が悪化した。
  • 引っ越してから、家族の体調が、ずっと悪い・・・。
  • 凶方位の引っ越しで、ご近所トラブルの連続になった・・・。
  • 夫婦喧嘩が急増した。
  • 自営業の仕事が、引っ越した後に、減りだした
  • 夢のマイホームに越してから、すぐに、夫が事実上のリストラにあった
  • 新居で、イライラすることが、妙に増えた
  • 子供が精神的に不安定になった
  • 転向先の学校でイジメがはじまった
  • 新居で、ポストに嫌がらせの投函をされた (近所の精神異常者が犯人だったとか。 )
  • ストーカーに家を発見されてしまった (当時29歳女性)

 

 

 

*事象は、あくまでも、お客様から伺った実例であり、凶方位へ引っ越したからといって
 必ずしも こうした事象に陥る ということではありません。

 

 

 

私のところへ報告される凶方位の事象として、
 
健康面の悪化が最多で、
次に、人間関係の悪化、
次に仕事面・金銭面の悪化と続きます。

 

小さいお子さん、持病がある人、精神的に不安定な人 がいるご家庭は特に注意が必要です。

 

 

 

移動のよる 方位作用は、 ポイント制のようなものです。
凶方位に引越しをすると、もっている運勢のポイントがマイナスされます。

 

健康運のポイントが足らない人は、健康運が悪化するでしょうし、
金運の悪い人が、凶方位に引越しをすれば、金運は更に低下します。

 

引越しで、凶方位を除けることは、難しいことではありません。
絶対に、凶方位だけは除けるようにしてください。

 

 

凶方位がなぜ、存在しているかというと、用途して・・。

 

死人を埋葬する方位。
戦争をしかける方位。
犯罪を犯して逃げ隠れする方位。


 

と、通常は利用しない用途としての利用があるので、存在しているのです。
引越し方位鑑定の意味としては、この凶方位を、避けるというところが大きいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【凶方位の引越し】 よくある質問

 

 

 

今年は、東北方位が凶方位のようですが、凶方位は除けられますか?

無難方位を利用して、凶方位は除けられます。

 

そもそも 年単位の凶方位は、作用が無いので、気にする必要はありません。
怖いのは、日単位の凶方位です。
無難方位で安全にお引越しください。

 

 

凶方位を回避する方法を教えてください。

無難方位を利用して、凶方位は除けられます。

 

凶方位は、除ける以外に方法はありません。
ですから、凶方位で無い、無難方位を使って、引っ越したい方位へ引っ越してください。
凶方位は除けることで、回避できるのです。

 

 

凶方位を回避するには、吉方位を使うべきですか?

必ずしも、吉方位を利用する必要はありません。
無難方位を利用して、凶方位は除けられます。

 

凶方位を除けるには、吉方位か無難方位を使いますが、家族のお引越しでは、
家族のメンバーの吉方位が合致しないため、吉方位は使えません。

 

ですから、家族のお引越しなら、無難方位を利用することになります。

 

 

凶方位は、方位祈祷 なので、回避できますか?

 

祈祷では、回避できません。

 

本来、祈祷と、方位は、一切 関係が ありません。
ですから、無意味です。

 

「雨の日を 祈祷で、晴れ日 にできますか?」
と言っているのと 同じです。

 

 

無難方位を利用して、凶方位は除けられます。
凶方位は、除ける以外に方法はありません。

 

 

 

五黄殺・暗剣殺・本命殺 以外に、凶方位はありますか?

五黄殺・暗剣殺・本命殺 というのは 気学屋がつくりあげた創作で、本来の方位学である
奇門遁甲には無い概念です。 ですから五黄殺・暗剣殺・本命殺に恐れる必要はありません。

 

ところが、凶方位自体は、存在しているのは、間違いありませんから
除ける必要はあります。

 

本来、凶方位は日々変化しており、年単位で存在するものではありません。
ですので、引越しの場合は、凶方位を除ける日程(無難方位日)が重要となるのです。

 

 

 

 

方違え を する必要はありますか?

いいえ。
凶方位は、無難方位で除けられますから、基本的には 方違え は必要ありません。

 

 

 

もし、凶方位へ引っ越した場合、何年くらい作用が続くのですか?

5年間です。

 

凶方位に、限らず、吉方位も、同じく 60ヶ月間、すなわち5年間の作用継続となります。
凶方位の作用が5年間続くのは、けっこうダメージが強いですから、
絶対に避けるようにしてください。

 

ちなみに、
無難方位は、そもそも作用が無いので、期間は関係ありませんね。

 

 

 

家の風水(家相)が、良好なら、凶方位で引越しても大丈夫と聞きましたが本当ですか?

いいえ。 ありえません!!

 

俗説に注意してjください。

 

家相と方位は、別物で、別の効果や作用があるもので、家相や風水が、凶方位の作用に
影響を与えるものではありません。

 

 

凶方位でも、 「パワーストーンがあれば 大丈夫」 と主張する 占い師がいるのですが、本当ですか?

いいえ。 ありえません!!

 

そのような 占い師との関わりを 絶つようにお願いします。
ただの 石ころ にそのような 作用があるわけないです。

 

 

 

もし、仮に 凶方位で、引越してしまったら、どう対処すればよいでしょうか?

凶方位の引越しだけは、絶対に避けてください。

 

仮に 凶方位で引っ越してしまったら、再度、無難方位で引越しをするのが、ベストですが、
購入してしまった家だった場合は、不可能かと思いますから、
その場合は、作用が続く 5年間は、やり過ごすしかないでしょう。

 

その間に、ちょっとした旅行でも良いので、吉方位で外出  をして、凶作用を相殺するように
努めるのがベターです。

 

尚、
すでに、引越してから 5年間が経過している場合には、凶方位の作用は消滅してるわけですから
心配は要りません。