引越方位と風水

引越方位と風水

無事に、引越を完了させるには、

 

方位

家相

 

を考えなければなりません。

 

方位は、もうお解かりのように、気学ではなく、奇門遁甲にて、吉方位か、無難方位を鑑定して引越をすれば良いのです。 これで問題はありません。

 

 

 

問題は、家相ですが、家相は、風水などで見るのではなく、
単純に、良い環境である として、家を選べば良いのです。

 

=========
良い家相の条件
=========
○南向きで日照が良い
○風通しが良い

 

 

ということが基本となります。

 

家相に関しては、マイナスになることを挙げて言った方が理解しやすいので、

 

 

=========
悪い家相になる条件
=========
×構造上、日の当らない家屋、土地
×風通しの悪い家屋
×埋立地の上に建つ家
×マンションの5階以上の部屋
×近隣家主とトラブルを抱えている家
×ペットを室内で飼っている家

 

 

というようなことが言えます。

 

家相というのは、環境学であって、難しく考えることが何もないのです。
家相を風水で見ようとして、風水占い屋に、大金を支払うなどは
愚の骨頂ですので、よくよくお考えの上、良い環境の家を求めてください。

 

西に黄色い置きもの を置いても、日当たりの悪い家屋は、凶相ですので、
常識をはずさないようにお願いいたします。