方位の間違い

方位について、誤った認識

方位について、誤った認識があるようですので、
ここで、説明します。

 

まず、何度も繰り返しておりますが、
方位は、気学ではなく、奇門遁甲によってみます。

 

本屋さんにいきますと、方位関係の本は、
奇門遁甲は、ほとんど無く、
気学の本ばかりが置いてあるはずです。

 

これは、なぜかというと、気学の方がカンタンだからです。
難しく書いた本が、売れるわけないからです。
出版者も利益を出さないと潰れてしまいますから、
売れる方をガンガンだすのです。

 

では、カンタンだと、効果があるのか というと
全くないわけです。

 

これは、なぜかというと、気学は、年盤を利用している からです。

 

年盤というのは、その昔、 村ごと移動 する などという
集団で移動する引越の際に、奇門遁甲で使ってた盤です。

 

でも、現代では、引越は、個人単位ですから、年盤は使わなく
なっています。使っても、効果が無いからです。

 

年盤は、年の盤 ですので、1年単位で、切り替わります。
なので、「今年は■方位が凶である」 ということを言うように
なってしまうわけです。

 

今年は! と言っている時点で、間違いですので、
気をつけてください。

 

 

 

また、

 

「一白水星 だから、 あなたは水のごとし柔軟性がある」
なんてことを言っている人がいますが、かなりビックリします。

 

 

なぜかというと、一白水星など は 九星というのですが、
これは、方位エネルギーを仮に置き換えた名前なだけで、
人物の運命を解明する用語 では無いです。

 

 

このように、占いの世界は、誤った情報が、流れまくってますので
注意してください。

 

 

引越は、奇問遁甲による方位鑑定が必要です。