「引越しの日」について

引越しの日について

 

 

 

「引越しの日」について

(常識的な 普通の引越し と同じ と考えてください。)

 

 

 

「引越しの日」について

 

 

 

別の表現をすれば、
引越し方位 とは、 人の生活の拠点地の移動  をみている
のですから、書面上や、家財道具は無関係であることは 理解頂けると思います。

 

 

【よくある 勘違い・マチガイ】

 

× 荷物・家財道具を運んだ日
× 住民登録した日
× 物件を契約した日
× 鍵のうけたわし日

 

それは、引越した日 となりません。

 

いろいろなことを言う 占い師 がいますが、方位というのは
人の移動作用をみている ということを ご理解頂ければ、
このようなことは、意味が無い、勘違い、であることを わかって頂けるはずです。

 

 

よくある質問

 

引越し後に、旧家に、戻っても大丈夫ですか?

まったく問題ありません。

 

引越し後というのは、生活の拠点地が、新居に移っているわけですから、旧家は、たんなる 物置 としての 意味合いしかありません。

 

荷物を取りにいったり、なんらかの事情で、旧家に戻っても一切問題ありません。

 

 

 

荷物などは その前 に移動しても構わないのでしょうか。?

まったく問題ありません。

 

荷物・家具は、無関係です。 
当日でも良いですし、後でも、前もって でも いつでも良いのです。

 

 

 

引越しするのに、時間は、重要ですか?

時間は、関係ないです。

 

時盤(ときばん)は、引越しには作用しません。
ですから、鑑定された、日程の、日中の常識的な時間帯で、引越しを済ませてください。

 

 

引越しをしたのですが、荷物が、旧家に残っています。大丈夫でしょうか?

まったく問題ありません。

 

何度も、説明しているように、荷物は、引越しとは関係ありません。
旧家に、荷物が残っていも、問題ありません。
引越し方位とは「人の生活の拠点地の移動」を見ているのです。

 

 

「住民要」を届ければ、引っ越したことになりますか?

いいえ。

 

「住民要」は、引越しとは無関係です。

 

引越し方位は、人の移動をみている のですから、書類上の移動では、引越しにはなっていません。

 

 

「鍵のうけわたし日」は、引越し日となってしまいますか?

いいえ。

 

引越しにはなりません。

 

鍵を受け取った という だけです。

 

鍵のうけたわし日が、引越し日になる という俗説が 出回っているようですが、俗説中の俗説、支離滅裂、メチャクチャは、説ですね・・。

 

 

物件を内覧したらは、引越し日となってしまいますか?

いいえ。

 

なるわけありません。

 

引越しとは、その家で、生活を始めた日です。
常識的な普通の引越しと考えてください。

 

物件を内覧しただけで、引越しになるわけありません。
もっと常識的に思考してください。

 

 

出張で、ホテルに14泊もするのですが、引っ越したことになってしまいますか?

いいえ。 引っ越したことに なりません。

 

引越しとみなされる 基準はあくまでも 新居で新生活を始めるた日であるか 否かです。

 

ですから ホテルに何泊しようとも現住所が現存しており、現住所の生活の基準があるなら、ホテルに何泊しようとも 引越しには なりません。

 

普通、「ホテルに連泊したとしても、ホテルに引っ越した」 とは言わないはずです。

 

引越し方位鑑定申し込み

引越し方位の栄就


お申込みの方法・流れ

 

ステップ 1
「鑑定を申し込む」 ボタンを押してください。

ステップ 2
お申込みフォームから、必要事項を記入し、送信してください。

ステップ 3
鈴木栄就から、Eメールを返信いたします。
※返信が届かない場合は、お電話ください。

ステップ 4
銀行振込にて、鑑定料金をお振込み下さい。
※詳しくは返信Eメールに記載がございます。

ステップ 5
Eメール鑑定⇒鑑定書をお待ちください。(ご入金後:3〜5日間程度)
電話鑑定⇒予約日時にお電話下さい。
対面鑑定⇒予約日時にご来室下さい。





 


引越し方位の栄就




引越し方位 TOP