高層階病 タワーマンション病

高層階病 タワーマンション病

高層階病 タワーマンション病 に要注意!

 

家相の分野に入るのですが、引越しといえば、
必ず物件選びが伴うのですから、ここで一つ注意点を述べたいと思います。

 

日本は、国土が狭い上に 東京、名古屋、大阪、福岡と、一箇所の都市に人口が集中しがちです。
そうなると、狭い土地を有効活用しようと、必ず合理的な高層マンションが立ち並ぶことになります。

 

 

さて、

 

高層階病 という 体調不良があるのをご存知でしょうか。
あまりに高い建物の高層階を住居としますと、
謎の体調不良に陥る人が増えている というのです。

 

これは、なぜかと申しますと、 
地のエネルギー が住居まで届かないからです。
また気圧が低くなるからです。

 

特に気をつけるべき、体質の人は、
雨の日になんとなく憂鬱 になる人は、低気圧に弱い人ですから、
高層のマンションは、避けなければいけません。

 

 

高層階病は、一部問題視されており、
原因を究明しているようですが、ハッキリと調査結果がでないようです。
原因は 地からのエネルギーの不足&気圧の低さ だったのです。

 

もし、今後、引越しを予定されている方は、
方位を鑑定するのは当然として、高層階を候補から外すことを推奨します。

 

私は、目安として およそ5階以下を候補物件とすること としています。
低階層の方が、家賃や、購入価格が安いですから、とても経済的都合も良いですね。