引越し方位の鑑定

九星と引越し方位

九星と引越し方位 の関係を説明します。

 

 

九星(きゅうせい)とは、
一白(いっぱく)、二黒(じこく)、三碧(さんぺき)、四緑(しろく)、五黄(ごおう)、六白(ろっぱく)、七赤(しちせき)、八白(はっぱく)
からなる、方位の要素の一つなのだそうです。

 

もともとは、奇門遁甲の方位盤の要素である、十干(じゅっかん)、八門、九天星、八神(はちじん)、九宮(きゅうぐう)のうちの、
九宮をもとにしたものであると考えられます。

 

九宮を、九星と別の読み方をしたものなのです。
なお、九 星 というのは、おそらく、九天星と、九宮が、まぜこぜになった、造語なのではないかと、推測しているしだいです。

 

そして、重要なことを説明しますと、
奇門遁甲では、この九宮は、ほとんど無視するほどのものなのです。

 

私も、引越し方位を鑑定の際は、ほとんど、九宮をみないくらいです。
ですから、九星の配置で悩んでいるくらいなら、奇門遁甲で正式な引越し方位を鑑定されてください。