吉方位鑑定書の提出後に、”よくあるご質問と回答”

吉方位鑑定書の提出後に、”よくあるご質問と回答”

 

吉方位の実践法についてはこちらをご参照ください。

 

 

たくさんある候補の中で、どの候補を使えば、一番良いでしょうか?

鑑定書に記載しております、候補は、すべて厳選された吉方位の候補日です。
ですから、お客様のご都合と、スケジュールに会わせて、ご自身で選択頂き、ご活用いただければ良いのです。
候補に優劣はありませんから、お好きな日程を選んでください。

 

全てを使えません。大丈夫ですか?

吉方位鑑定は、鑑定書に記載のある候補を 「全部利用してください」 ということではなく
その候補の中から、「都合の良い日・方位」を 選んで 使ってください。
というコンセプトになっています。

 

自由にご選択いただき、利用なさってください。

 

当日、天気が悪かったら中止すべきですか?

吉方位と、天気は無関係です。 雨天でも嵐でも吉方位は吉方位なのです。
しかし、候補は、他にもあるのですから、無理に実践せず、別の候補を利用するのも自由です。

 

吉方位先で、疲れました。効果が無かったのですか?

 

私が、ヒアリングした結果では、

 

「吉方位が疲れる」 という感想を持つ人の特徴

  • ご自身の体力を無視して、無理に神社仏閣を歩き回ったり
  • ハードなスケジュールで、超遠方を目指したり
  • 吉方位先でのスケジュールを過密にしていたり
  • ずっと歩きっぱなしだったり

 

などなど、独自の方法で、必死にもがくような実行の方法を なさっている実践者が多いようです。
必死にもがいても、リラックスして過ごしても、吉効果は、同じなのです。
吉方位先では、ゆっくり、ゆったり、リラックスして、温泉、飲食などして、リラックスすべきなのです。

 

当日の実践者本人の疲労感、心理的面とは、吉効果とは、全く関係ありません。
そうであるなら、楽しく、ゆったり、リラックスして、羽を伸ばすように過ごされてください。

 

日本人は特に、仏教の影響からか、修行 という認識が強いようです。
吉方位は、修行ではありません。 楽しんでくださいね。

 

疲れているのですが、無理にでも吉方位にいくべきですか?

(なぜか、このような質問が多いです・・・)

 

疲れている場合は、ゆっくり休養なさってください。
吉方位の候補は、たくさんあるのですから、体力が復活したら、体調の良き日に、改めて実践すれば良いのです。

 

記載された候補を全て、利用しても問題ないですか?

はい。もちろんです。

 

月1ペースが、理想的のようですが、月3で使っても問題は無いですか?

はい。もちろんです。 問題ありません。

 

 

鑑定書に記載のある 「開門●●」 という記載は どういう意味ですか?

「開門●●」 という記載は,.お客さまが意味をご理解頂く必要は無く、
読み飛ばして頂いて問題ございません。

 

「開門●●」 という記載は、以前は、掲載していなかったのですが、
奇門遁甲マニアのようなお客様が、どうしても掲載してほしい という
リクエストが多く、掲載することにしておりました。

 

しかし、やはりこのように マニアでないお客様を
混乱させてしまう原因となってしまうことも多く、
掲載を止めようかと、思案中でございます。

 

混乱させてしまって、恐れ入りますが、
お客様が意味を理解される必要は無いとご理解、ご了承くださいませ。

 

私の行きたい観光地への吉方位日が無いようですが・・・

吉方位は、吉方位のプランに会わせて、目的地を選ぶのが一般的です。

 

行きたい観光地の方位に、吉方位があれば、ラッキーですし、
なければ、ないで、吉方位の方位、日程に合わせて、目的地を選ぶということに
なります。

 

吉方位の目的は、行きたい観光地へいく ことではなく、吉方位をとる ことに
ありますので、ご理解を頂きたいと思います。

 

 

吉方位を実践すれば、毎日、良いことしか起こりませんよね?

いいえ、そんなことは、ありえません。

 

吉方位を実践すれば、持ち前の運勢に、好影響を与えたのは、確かです。
しかし、その結果として、事象がどのようにでるかかは、だれも解りませんし、予想できません。

 

一時的に悪い事象がでる ことも当然ありますし、反対に一時的だけ、妙についてる という状態になることもあります。
それは、個人の運勢の状態によって決まるもので、一概に、「良いことだけが起こる」 というわけでは無いのです。

 

このあたりを、ご理解頂けない方は、すぐに効果がでなかったから、奇門遁甲は当たらないとか、と言う人がでてきます。
何度も繰り返しになってしまうのですが、効果の出方は個人差があって、一概に「良いことだけ起きます」とは言えないのです。

 

 

そもそも、日々、起きる事象というのは、方位だけで決定されるものではありません。
方位は、開運術の一つの方法でしかないのです。

 

日々起きる事象は・・・

 

  • 生来の運命
  • 年の運、月の運、日の運、時の運
  • 家の風水環境
  • つきあっている人々
  • 方位

 

などが、化学反応を起こした結果、事象として現れるのです。
方位一つで、事象が決定されるわけではありませんし、吉方位だけで、全事象にアプローチできるわけでは無いのです。

 

私も、いろいろな開運術を、研究していますが、「すぐに良いことだけ起きる」 という術は、存在していないように思います。

 

 

 

 

 

ごくまれに、以下のような、メッセージを頂くことがございます。
私の鑑定は、奇門遁甲の理論と情報に基づき、鑑定し提出しております
お客様が、どの情報を信頼し、採用されるかは、自己判断でお願いいたします。

 

 

インターネット上の無料情報と、先生の鑑定結果が、異なるようですが?

インターネット上に、公開されている無料情報は、鈴木栄就が監修したものではありませんので、鑑定結果が、同じものになる という約束はできません。

 

インターネット上に公開している情報が、正当な奇門遁甲で鑑定されているかも不明であり、奇門遁甲の流派の中には、全く効果の無いものを採用し、誤った情報を流している情報も散見しています。
また、栄就の鑑定が、インターネット上にある無料情報を書き写しているわけではありませんから、同じになるわけがありません。

 

このような疑問が生じる理由として、奇門遁甲という 看板を掲げてるかぎり、 「どこで依頼しても、全国共通の全く同じ答えが出るはずである」 という思い込みがあるのかと推測します。

 

奇門遁甲は、他の占術と同じく、亜流の方法論が乱立しており、中には、「万人とって吉方位」 と称して、四柱推命使って、運命を知ることなく、鑑定結果を提供している占い屋もいるほどです。

 

最終的に、どちらの情報を採用されるかは、ご自身によってご判断くださいませ。

 

 

私は、奇門遁甲をちょっと 勉強しています。吉方位になるのは「甲」だけだと思います。 「庚」や「戊」 は 凶方位だと思うのですが? 

どのような 奇門遁甲の流派を、勉強なさっているか、私には、わかりませんが、巷のネット情報や書籍で「戊や庚」が 凶である という 理論をを唱えるものがおります。

 

この理論に付随するのは 甲 こそが至高であり 甲を とるべきである ということにあります。
甲を剋す、戊や庚は 凶であるというのです。

 

この理論は 全く の誤りです。

 

奇門遁甲は、個人の運命に合わせて、干を選ぶものでして、万人にとって、甲が吉であるという理論は、暴論でしかありません。

 

皮肉なことに、このような暴論は、 甲こそ吉 という 理論の簡略化が、アダとなり、不勉強な方々に蔓延しつつあります。

 

結論を述べますと、奇門遁甲の結果は、個人の運勢によって、変わるものであり、甲が吉である人もいれば、甲が凶である人もいるし、庚が吉である人の、凶である人もいるのです。

 

万人にとって、甲が吉であるという理論は、暴論であり、それを信用するというのは不勉強を露呈していることにもなります。

 

 

また、当然となりますが、ご自分にとって、吉となるパワーを知るためには、奇門遁甲ではなく、四柱推命の学識が必須となります。四柱推命の学識なくして、奇門遁甲だけを勉強したところで、使い道がありませんので、正しい、ご認識をお願いいたします。

 

以上、考えを改めて頂きたく願っておりますが、どの情報を信用するかは、お客様次第でございますので、自己判断なさってください。

 

 

吉方位を鑑定するには、奇門遁甲 と 四柱推命 の両方の学識が必要です。


奇門遁甲の亜流の流派の存在や、その正否は別論としまして、奇門遁甲で、吉方位を鑑定するには、生年月日から、運命を鑑定する必要があります。生年月日から、運命を鑑定するのは、奇門遁甲ではなく、四柱推命なのです。

 

以上のことから、吉方位を鑑定するには 奇門遁甲だけでなく四柱推命の学識も必要となることですので、ご理解を頂ければと思います。

 

  • 奇門遁甲は、方位を鑑定する占術
  • 四柱推命は、運命を読み解く占術

 

であり、吉方位は、個人の運命によって、用いるパワーが異なっているため、四柱推命で、運命を鑑定しない限り、吉方位を導くことはできないのです。
流派や考え方の違い は 否定しませんが、 奇門遁甲のみで、吉方位を鑑定することは、理論上、不可能ですから、これだけは断言させて頂きます。

 

奇門遁甲 研究家 鈴木栄就