風水 カーネーション

風水 カーネーション

カーネーションと風水について説明しましょう。

 

風水と植物の関係は、深いです。
活きた植物であれば、ほとんど
どんな植物であっても、風水上 吉相になります。

 

たとえば、

 

  • 万年青(オモト)
  • 檜(ヒノキ)

 

 

これらは、風水上 吉相 として有名な植物ですね。

 

松などは、盆栽として、部屋に取り入れても良いでしょう。
手ごろで、効果が高いのは 万年青(オモト)です。
万年青は、手入れが楽で、寿命も長いのでお奨めです。

 

 

 

逆に、稀な例として、凶相といわれる植物

 

  • クチナシ

 

がありますね。

 

 

本題の カーネーションは、鮮やかな花として
どの花屋さんでも手に入りる一般的なお花ですね。

 

カーネーションは、もちろん 吉相に入る
植物です。

 

植物を買う余裕があるご家庭なら、
どんどん カーネーションを取り入れて
風水アップを狙ってください。

 

 

 

 

 

■どの場所が 吉?

 

風水上、カーネーションをどの場所に、飾るのが良いのか
というと、

 

結論的には、どこにおいても 吉相です。

 

風水上、凶を吉に変える!
という意味で言えば、

 

鬼門の北東、裏鬼門の南西 などは、最適ですし、
マンションなら、パイプスペース(PS)の近くなども吉。

 

暗い、北東や北方位の 玄関 なら、
カーネーションを飾るのは最適です。

 

 

 

 

■生花は富をもたらす?

 

生花は、金運をもたらすとして、富の象徴とも言われてます。

 

カーネーションなどが、部屋にたくさんあったら
富をもたらす? と言われているわけですが、

 

これは、風水研究家として、ちょっと 大げさ
な 誇大表現 だと 感じます。

 

 

確かに、生花は、悪い気を除去するパワーがありますが、
富をもたらすほどの 金運パワーはないでしょう。

 

 

なぜ、生花は富の象徴といわれたかというと、
そもそも 生花をたくさん 買えるような家は、
お金がないと できないからです。

 

ですから、生花を買うと お金が舞い込むというよりも
お金がある家が 生花を飾るわけです。

 

 

 

 

■ドライフラワーは意味無し。

 

生花は、生花として、パワーがありますから、
死んだ ドライフラワーは、効力がなく、
効果の無いものですので、飾らない方が無難です。