引越し方位 無料

インターネット上に、存在する無料の方位盤 などの情報について

 

インターネット上に、無料で配布されている 方位盤 にご注意ください。

 

 

 

私も、奇門遁甲、方位学 研究者として、インターネット、書籍、人、 問わず、あらゆる情報を
日々収集しております。

 

市販されております 書籍の中には、私の鑑定する方法と、全く同じ作盤方法を
採用しているものも あります。

 

間違い探しのために、資料を収集しているわけではなく、研究のためなのですから
正しいと判断したものは、更なる進化のために、採用したいと 考えてのことです。

 

ですから、無料、有料問わず、全てを否定しているわけではありません。

 

しかしです。
インターネット上に、無料で公開、流布されております情報で
まともな 情報を発見したことは 今のところ1つも ありません。

 

繰り返しになりますが、
誤解をとく為に、説明させて頂きますと、
私の鑑定を全肯定したい という 理由で申し上げるのでは無い ということです。

 

奇門遁甲の、正しい情報であり、なおかつ、無料で公開する先生がいらっしゃるのであれば
すべてを その先生に託し、私は引退するでしょう。

 

ですが、今のところ、 インターネットの無料情報に、正しい情報が無い。

 

正しくない以上、無料の情報が、利用者を誤った方向へ誘導することになりますから、
私の立場上、間違いであると、主張するしかないのです。

 

 

 

 

■どのように 間違っているのか・・・

 

 

どのように 間違いがあるのかを 具体的に指摘しますと、

 

 

  • 作盤方法の誤り
  • そもそも暦が間違っている
  • 八門の意味の使い方の誤り
  • 吉方位の考え方の誤り
  • 奇門遁甲と気学をミックスしている

 

が、最も多い誤りの 5つ となります。

 

詳しく説明しましょう。

 

 

 

■作盤方法の誤り

 

作盤とは、方位盤をつくる ことを 指します。

 

奇門遁甲における、鑑定とは、作盤のことを指している
といってもよいでしょう。

 

つまり作盤の方法が、誤っているのであれば
鑑定が誤っていることになり、そもそも根本的に使えない盤という
ことを意味します。

 

作盤方法には、流派によって違いがあるようで、現在では、さまざまな方法が考案
されており、その弊害によって、間違いが生じていると、考察しております。

 

尚、
私の鑑定は、ひとつひとつ、手作業による作盤をして、鑑定書をつくっています。

 

 

引越し方位
詳しくは引越し方位鑑定の方法をご参照ください。

 

 

 

 

 

■そもそも暦が間違っている

 

そもそも 使用している 暦(こよみ) が誤っているという
致命的なケースも見受けられます。

 

暦が誤っている場合、作盤方法が正しくても、
結果は、すべて 間違えることになってしまいます。

 

干支は正しくても、宮数 が誤っているケースが非常に多いです。

 

(宮数は、九宮と書かれていることが多いですから、ご存知の人も多いでしょう。)

 

夏至と冬至のみたてを誤っているのでしょう。

 

 

 

 

■八門の意味の使い方の誤り

 

八門の意味の使い方の誤りであるケースも、たいへん多いです。

 

八門(はちもん) というのは、開門・休門・生門・傷門・杜門・景門・驚門・死門 からなる
八つの門のことで、奇門遁甲における重要な構成要素です。

 

意味の使い方を誤っている というのは、

 

たとえば、
「景門(けいもん) そのものに 金運アップの効果がある!」
というような ことです。

 

詳しい説明は、省きますが、八門 そのものには、事象に作用するパワーは
ありません。

 

事象に作用するパワーをもつのは、八門ではなく 五行 です。

 

 

八門 そのものには、事象を期待できる とするならば、
万人にとって、金運アップ を期待できる盤が、毎日ある!
という どうにも ご都合主義的な 結論に至るわけです。

 

万人にとって、金運アップする方位が、毎日ある!
いやいや・・・。
常識的に考えれば、ありえない と考えるのが普通でしょう。

 

 

 

 

■吉方位の考え方の誤り

 

八門の説明と、似てしまいますが、とても多いケースとして

 

吉方位は、個人的な存在ではなく、誰が使っても、健康運が向上したり、金運が向上したりする
吉方位が存在する という 誤りです。

 

 

吉方位というのは、個人の運命に由来するものであって
あなたは、あなたの吉方位があり、私は私の吉方位があるのです。
万人にとっての吉方位など、存在してないのです。

 

吉方位について詳しくはこちら

 

吉方位というのは、鑑定する人の 誕生日を伺い、四柱推命によって
運命を鑑定し、運命を把握するところから 始まります。
引越し方位

 

↑このように 四柱推命の命式 を作成するわけです。

 

この 四柱推命の鑑定があって、はじめて
奇門遁甲による 吉方位が鑑定されるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

■奇門遁甲と気学をミックスしている

 

 

奇門遁甲と気学をミックスしている。 という 誤りです。

 

これは、私が、一番 落胆する誤りです。

 

方位鑑定の提供者として、奇門遁甲と気学をミックスして鑑定している先生は
けっこうたくさん、いらっしゃいます。

 

あなたも、みかけたことが あるかと思います。

 

 

 

そもそも 奇門遁甲と気学 を なぜ ミックスするのですか?

 

 

奇門遁甲と気学 を なぜ ミックスして鑑定するというのは、
奇門遁甲という、すばらしい料理の中に、ゴミくず を入れて 混ぜたようなものです。
奇門遁甲と気学を、ミックスする メリット など 何も ない はずです。

 

 

実は、だいぶ若い頃に、
奇門遁甲と気学をミックスして鑑定している という 
某先生に、実際に お会いしたことがあります。

 

 

その時に、「奇門遁甲と気学をミックスして鑑定するのは なぜですか?」
と、率直に伺ったことがあります。

 

 

何も、批判したいから ではなく、 単純に 研究者としての 好奇心からであって
価値ある 理論であれば、ぜひ勉強させて頂きたかったからです。

 

 

 

「奇門遁甲と気学をミックスして鑑定するのは なぜですか?」

 

某先生は こう 答えたのです。

 

「気学のが人気があって、奇門遁甲は、知らない人が多いからね・・・」

 

 

本当は 奇門遁甲だけで 鑑定したいけど
人気があるから 気学を採用し、 宣伝しているのだ・・・

 

そのほうが、お客が、たくさん来るからね。
鈴木先生も、そうすべきだよ。

 

 

という こと なのでした。

 

 

私は、おもわず言葉に詰まり、議論するのを
中止したのでした。

 

 

 

 

 

 

■まとめ

 

以上 となりますが、まとめますと

 

インターネット上には、無数の情報が
垂れ流しの状態となっておりますが、玉石混交で
正しい情報、誤った情報が、カオスのような状態となっています。

 

繰り返しになりますが、
私の鑑定が 全て 正しく、 他がすべて 誤り と 主張しているのでは
ありません。

 

少なくとも、正しい作盤方法を伝授している、一般書籍が
確かに、存在しています。

 

正しいものは 正しいと主張したいですが、
誤った情報は、利用者を誤った方向へ 導きますから、
立場上 誤りである と主張するしか 無いのです。

 

現状では、インターネット上に、散見される 無料情報で、正しい情報は
ありません。

 

 

 

 

 

■最後に

 

奇門遁甲、四柱推命などを 利用する目的は?

 

それは、ある目的を達成するため だと思います。

 

 

 

引越し方位なら、凶方位を除け、安全に引越しをすることが 目的です。

 

凶方位を除け、安全に引越しをすることが 達成されたなら
それで、完了です。

 

 

占術は道具です。

 

目的を達成するための道具です。

 

 

その道具の使い方を、 自分で勉強する必要があるのでしょうか?
よく考慮されることを 推奨します。

 

その道の専門家に 全てお任せするのが 賢明なのではないですか?

 

 

奇門遁甲を自分で使いこなすには、相当の勉強が必要です。
それが 得な行為 だと 思いますか?

 

いや、絶対に得しない でしょう。
膨大な時間と、膨大な労力、膨大な勉強代が必要になるからです。

 

 

(だから、無料情報に、飛びつく 人が 後を絶たないのかもしれませんが・・・)

 

 

回りくどくなりましたが、

 

奇門遁甲や、四柱推命を、無料情報などで
にわかに かじっただけで 使いこなす というのは ムリ なのです。

 

 

にわかに かじった情報で 本当に、自信と確信をもてますか?
迷子になって、悩みが増えるだけでしょう。

 

 

 

ご賢明な、あなた であれば、
専門分野のプロに任せて、目的を達成できれば それで良い!
と合理的な、判断を下すことができることと 願っております。

 

 

 

以上となりますが、
あなたの、確実な 凶方位除けのため にも
引越し方位の鑑定は、自分で、にわかに調べようとせず、
知識、経験の豊富な、プロの専門家に、全て 任せてください。